>>近日開催のワークショップ・講座をチェックする

ワークショップ・書写会・講座について

弥生神社では、毎月の書写会や季節ごとのワークショップを開催しております。神社に足を運ぶきっかけになればと始めてから4年。その間、たくさんの皆さまと弥生神社とのご縁を結ぶことができました。

ワークショップ・書写会

端午の節句や七夕の節句ワークショップなど、季節ごとの行事では古の人たちが行ってきた風習を学び、追体験しています。手作業を通して、四季折々の植物の手触りや色、香りをも楽しみます。御朱印帳やお守り袋作りのワークショップでは、神道・神社についての知識に触れながら、ふだん神社で受ける授与品、お守りや御朱印帳をご自身の手で心を込めて作ります。毎月行う『大祓詞』書写会では、集中して文字を書く心穏やかな時間を大切にしています。

宗教・文化講座

国や地域、時代を超えて人間の営みである文化や宗教について学び、私たち自身の生死や生活と重ねて考え合う場にしたいと、本年よりスタートしました。現在、連続講座「エジプト人の精神世界」と、「生と死をめぐって―民俗・考古編・1―」を開催しています。レクチャーに続いてカードや勾玉作りなどのワークも行っています。各回のみのご参加でも興味深く楽しめる内容です。今後の展開もお楽しみに。
これからも地域内外からいらっしゃる皆さまの集いの場、楽しみ心安らぐ場になりますよう続けて参ります。ふらりとお気軽にお越くださいませ。

(平成30年11月)

   社務猫

近日開催予定のワークショップ・講座・行事

弥生神社 ご自宅で手仕事の会

「~和服の絹布で~ 吾妻袋を作ろう」

申し込みフォーム → https://ebina-yayoijinja.work/ws-yuso

「深まりゆく秋の色」をイメージして素材を集めました。

*会場開催はありません。郵送のみです。
*できあがりは45×45センチ(持ち手の先まで含めて)の大きさになります。
*ミシン、あるいは手縫いで作ります。(糸と針はご用意ください)
*材料費2000円(2袋ぶん)と送料350円


~郵送でお送りするセット~
①作り方の説明書
②布2枚…和服を解いてクリーニングしたものです。紬を中心に厚手の絹布です。
*布の色柄は弥生神社に“おまかせ”になります。

*10月9日まで受け付けております。


~『大祓詞(おおはらえのことば)』書写会のご案内~

*要ご予約:入力フォーム→ https://ebina-yayoijinja.work/ooharae-yoyaku

10月3日(土)①10:00~ ②14:00~(90分程度)
*2回とも同じ内容です。

手本に紙を重ねて書写をします。
重ねず見ながら書き写すこともできます。

『大祓詞』の内容を学ぶ会ではありません。
心静かに書いていただくことを目的としています。

内容を学べる資料を配布いたします。

『大祓詞』の字数は膨大です。前半のみ、後半のみ、途中まででも大丈夫です。スタートから終了までお気楽にマイペースで進めていただきます。

*要ご予約。10名様程で締め切りをさせていただきます。

~ご自宅で書写会~

『大祓詞』の手本・冊子・書写用紙のセットを郵送いたします。(送料込500円)
HPの申込フォームより送信してください。
→ https://ebina-yayoijinja.work/ooharae-yoyaku/ooharae-yuso

 


弥生神社【宗教・文化講座】 *会場・オンライン同時開催です
連続講座「古代エジプト人の精神世界 第14回

第10章「供犠と木石 ―副葬品のはなし・4―」

【お申し込みフォーム】
① 会場参加(先着順)→ https://ebina-yayoijinja.work/kaijo-mail
② オンラインzoom参加 → https://ebina-yayoijinja.work/zoom-mail

10月4日(日)14:00~16:30

講師:和田浩一郎
(國學院大學兼任講師・エジプト学)

① 会場参加:2000円(レクチャーとヒエログリフのワーク)
② オンライン参加:1500円
*いずれも小中学生無料、高大生(その他学生さん)半額です。
お申し込み時にお書き添えください。

~オンライン参加の皆さまへ~
お申し込み後に、お振込先口座番号をお伝えします。
開催前日までにzoomのIDとパスワードをお送りします。


ご自宅でワークショップ「土馬に願いを」

申し込みフォーム → https://ebina-yayoijinja.work/doba

古来、水辺の祭祀で使われ祀られていたと考えられている土馬。厄を背中にのせて走り去ってくれるともいわれています。

弥生神社でお祓いしました石塑を使い、土馬を作るワークショップです。土馬には麻布を敷き、首に大麻を巻いて、縁起物のお飾りとして飾ります。

*郵送で材料(石塑:焼かずに固まる粘土、大麻、麻布)と土馬についての資料をお送りいたします。
ホームページよりお申し込みください。9月25日まで。

*材料・資料代1500円と送料350円


弥生神社【宗教・文化講座】「神道を考える」第5回

「文献史料から見る山の神の立地  ―神社は山のどこにあるのか―」

10月18日(日) 14:00~16:30

◎要予約

①zoom参加 → https://ebina-yayoijinja.work/sinto-zoom
②会場参加(弥生神社スクリーン上映・講師の先生はzoomでご講義します)
      → https://ebina-yayoijinja.work/sinto-kaijo

講師: 加瀬 直弥 (國學院大學 准教授)

著書 『古代の神社と神職  神をまつる人びと』吉川弘文館

◇資料代他 1500円 (zoom・会場とも)*学生半額


過去に開催されたワークショップ・講座

 

</p10月3日(土)①10:00~ ②14:00~(90分程度)