>>近日開催のワークショップ・講座をチェックする

ワークショップ・書写会・講座について

弥生神社では、毎月の書写会や季節ごとのワークショップを開催しております。神社に足を運ぶきっかけになればと始めてから4年。その間、たくさんの皆さまと弥生神社とのご縁を結ぶことができました。

ワークショップ・書写会

端午の節句や七夕の節句ワークショップなど、季節ごとの行事では古の人たちが行ってきた風習を学び、追体験しています。手作業を通して、四季折々の植物の手触りや色、香りをも楽しみます。御朱印帳やお守り袋作りのワークショップでは、神道・神社についての知識に触れながら、ふだん神社で受ける授与品、お守りや御朱印帳をご自身の手で心を込めて作ります。毎月行う『大祓詞』書写会では、集中して文字を書く心穏やかな時間を大切にしています。

宗教・文化講座

国や地域、時代を超えて人間の営みである文化や宗教について学び、私たち自身の生死や生活と重ねて考え合う場にしたいと、本年よりスタートしました。現在、連続講座「エジプト人の精神世界」と、「生と死をめぐって―民俗・考古編・1―」を開催しています。レクチャーに続いてカードや勾玉作りなどのワークも行っています。各回のみのご参加でも興味深く楽しめる内容です。今後の展開もお楽しみに。
これからも地域内外からいらっしゃる皆さまの集いの場、楽しみ心安らぐ場になりますよう続けて参ります。ふらりとお気軽にお越くださいませ。

(平成30年11月)

   社務猫

弥生神社「友の会」

入会お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/yayoijinja_tomonokai

弥生神社では、毎月、「大祓詞」の書写会や、季節ごとのワークショップ、宗教・文化講座などさまざまな行事を開催しています。
これまで行事の案内を送ってほしいというご要望をたくさんいただき、このたび「友の会」を作りました。

ご入会いただいた皆さまに毎月のご挨拶とご案内をメールでお送り致します。
当会の入会金、会費は無料です。
どなたでも入会できます。
ご自由に入会・退会できます。
ご入会の際には、ご挨拶にほんのおしるしを郵送でお送りいたします。

今後も皆さまとのご縁を大切に励んで参ろうと思います。

近日開催予定のワークショップ・講座・行事

弥生神社「グリーフケアを考える会」第5・6回

「わたしからはじまる―悲しみを物語るということ―」

入江杏(「ミシュカの森」主宰・上智大学グリーフケア研究所非常勤講師)

第5回:8月20日(土)14:00~16:00
第6回:9月25日(日)14:00~16:00

*どちらかの回のみのご聴講でも差し支えない内容になっております。
お気軽にご参加ください。
*参加費各回1500円
*会場・オンライン同時開催
(録画配信あり)

*お申し込みフォーム 会場⇒https://ebina-yayoijinja.work/kaijo5-6
オンライン⇒https://ebina-yayoijinja.work/zoom5-6

昨秋スタートしました、弥生神社「グリーフケアを考える会」。今夏は、「ミシュカの森」主宰、上智大学グリーフケア研究所非常勤講師の入江杏先生に、お話を伺います。
入江先生は、犯罪事件により愛するご家族を喪ったご遺族です。絶望的な悲しみと辛さにどのように向き合い、生き直し、悲しみとともに歩みながら、グリーフケアを学び伝え実践する生き方をされるに至ったのか。今年6月に出版された『わたしからはじまる―悲しみを物語るということ―』(小学館)の内容にも触れながら、お話いただきます。入江先生から伝わる言葉、メッセージに心を傾けながらグリーフケアについての理解が深まる機会になればと思います。参加された皆様との交流の時間もあります。ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

【入江 杏 先生 プロフィール】
「ミシュカの森」主宰。
上智大学グリーフケア研究所非常勤講師、
世田谷区グリーフサポート検討委員。

犯罪被害者の遺族として、悲しみ・苦しみと向き合い、葛藤の中で「生き直し」をした体験から、「悲しみを生きる力に」をテーマ として、全国各地での講演・勉強会を開催し、人々の悲しみに寄り添う活動をしている。また、「ミシュカの森」の活動を核に、悲しみの発信から再生を模索する人たちのネットワークづくりに努める。

*ミシュカの森
https://www.facebook.com/mforest/

*『わたしからはじまる―悲しみを物語るということ―』(小学館)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388855

【入江先生のご著書】
『悲しみを生きる力に~被害者遺族からあなたへ』(岩波ジュニア新書)、
絵本『ずっとつながってるよ こぐまのミシュカのおはなし』(くもん出版)
編著『悲しみとともにどう生きるか』(集英社新書)
『わたしからはじまる―悲しみを物語るということ―』(小学館)


弥生神社 【宗教・文化講座】
*オンライン(ZOOM)・会場同時開催 *録画配信あり
連続講座「古代エジプト人の精神世界」第23回

「「頂きの土地」を掘るーアコリス遺跡の調査ー」

◇オンライン 参加申し込み→https://ebina-yayoijinja.work/zoom-form
◇会場 参加申し込み→https://ebina-yayoijinja.work/kaijo-form

9月19日(祝)14:00~16:00

講師:和田浩一郎
(國學院大學兼任講師・エジプト学)

*要ご予約
上記のフォームにご記入の上、送信してください。

*受講料
会場2000円
オンライン1500円
*学生さん半額です。

お気軽にご参加ください。


弥生神社【宗教・文化講座】「霊を慰める」

「慰霊再考 ―アジア・太平洋域と日本の関わりに注目して―」

9月24日(土) 14:00~16:00

◎お申し込みフォーム

①オンラインzoom参加*録画配信あり→https://ebina-yayoijinja.work/zoom0826
②会場参加→https://ebina-yayoijinja.work/kaijo0826

◇参加費:各回1500円
(学生さん半額)

講師: 西村 明 (東京大学 准教授・宗教学)
専門分野:慰霊・死者儀礼の継承、日本と太平洋域の宗教文化
著書『戦後日本と戦争死者慰霊~シズメとフルイのダイナミズム~』(有志舎)
編著『いま宗教に向きあう2 隠される宗教、顕れる宗教』(岩波書店)ほか


『大祓詞(おおはらえのことば)』書写会のご案内

*要ご予約:入力フォーム→ https://ebina-yayoijinja.work/ooharae-yoyaku

9月23日(土)①10:00~ ②14:00~(90分程度)
*2回とも同じ内容です。

『大祓詞』を一文字一文字、心静かに書くことを目的としております。
手本に紙を重ねて書写をします。
初めての方もお気軽にご参加ください。

*参加費 500円
*筆ペン(書写用サインペン)ご持参ください。

~ご自宅で書写会~
『大祓詞』の手本・冊子・書写用紙のセットを郵送いたします。(送料込500円)
HPの申込フォームより送信してください。→ https://ebina-yayoijinja.work/ooharae-yoyaku/ooharae-yuso


「重陽の節句と茱萸嚢作り-健康と厄除けを願って-」

【会場参加】
お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/ws-0913-2
10月1日(土)
①10:00~12:00
②14:00~16:00

◇参加費2000円

【ご自宅でワークショップ】
お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/ws-0913-3

◇材料資料代2000円と送料350円
*セット内容
呉茱萸(ごしゅゆ)
和服の帯布
江戸打ち紐
招福のかわらけ(菊酒用などにご使用ください)

~長寿と厄除けを願う「茱萸嚢(しゅゆのう)」づくり~

*絹の和服の帯から袋を縫い、呉茱萸(ごしゅゆ)を入れます
袋は15~20センチほどになります。
*和服の帯はリサイクルになります。

「重陽の節句」の行事、今年も旧暦に合わせての開催です。
長寿と厄除けを願うシュユノウは、平安期には御簾や柱にかけて飾り、
「端午の節句」のときに作る薬玉と取り換えるのが習わしでした。

古来の風習を追体験するワークショップです。


ワークショップ@弥生神社

「秋の御朱印帳づくり」


10月8日(土) ①10:00~/ ②14:00~
10月10日(祝) ③10:00~/ ④14:00~(2時間程)

各回定員10名様ほどです。

◎要ご予約 受付フォーム→https://ebina-yayoijinja.work/ws-0913
◎会場開催のみです。

◇参加費 2000円

*奉書紙や絹布、綿布を使って御朱印帳を手作りします。
*絹布は和服を解いたものです(クリーニング済み、あるいは未使用品)。
*綿布の新品も用意します。
*年齢制限はありませんが、作業内容は小学校高学年から中学生以上を対象としております。
*マスクの着用、消毒液のご利用、手洗いの御協力をお願いいたします。


過去に開催されたワークショップ・講座