>>近日開催のワークショップ・講座をチェックする

ワークショップ・書写会・講座について

弥生神社では、毎月の書写会や季節ごとのワークショップを開催しております。神社に足を運ぶきっかけになればと始めてから4年。その間、たくさんの皆さまと弥生神社とのご縁を結ぶことができました。

ワークショップ・書写会

端午の節句や七夕の節句ワークショップなど、季節ごとの行事では古の人たちが行ってきた風習を学び、追体験しています。手作業を通して、四季折々の植物の手触りや色、香りをも楽しみます。御朱印帳やお守り袋作りのワークショップでは、神道・神社についての知識に触れながら、ふだん神社で受ける授与品、お守りや御朱印帳をご自身の手で心を込めて作ります。毎月行う『大祓詞』書写会では、集中して文字を書く心穏やかな時間を大切にしています。

宗教・文化講座

国や地域、時代を超えて人間の営みである文化や宗教について学び、私たち自身の生死や生活と重ねて考え合う場にしたいと、本年よりスタートしました。現在、連続講座「エジプト人の精神世界」と、「生と死をめぐって―民俗・考古編・1―」を開催しています。レクチャーに続いてカードや勾玉作りなどのワークも行っています。各回のみのご参加でも興味深く楽しめる内容です。今後の展開もお楽しみに。
これからも地域内外からいらっしゃる皆さまの集いの場、楽しみ心安らぐ場になりますよう続けて参ります。ふらりとお気軽にお越くださいませ。

(平成30年11月)

   社務猫

近日開催予定のワークショップ・講座

弥生神社【宗教・文化講座】「インドの社会と宗教」

弥生神社【宗教・文化講座】 「インドの社会と宗教」

◎台風の影響により10月12日より延期になりました

  • インドの宗教のいろいろ

11月2日(土)14:00〜16:30

近藤 光博先生 (日本女子大学准教授)

*ご予約不要・二千円(お茶菓子&ワーク付)

~今後の内容~

2.「ヒンドゥー教ってどんな宗教?」(12月14日)

3.「インドからイスラーム教を見ると…」(日にち未定)

お気軽にお越ください。


重陽の節句―茱萸嚢(しゅゆのう)作りと菊花アレンジ―

10月13日(日)14:00∼
10月14日(祝)14:00~(2時間程度)

◇材料費2000円(季節のお茶菓子付) ◇ご予約不要

1.長寿と厄除けを願う「茱萸嚢(しゅゆのう)」づくり

*絹の和服の帯から袋を縫い、呉茱萸(ごしゅゆ)を入れます
袋は15~20センチほどになります。
*布地が固いので少し縫いにくいですが、ミシンでのお手伝いもあ りますのでご安心ください(*^。^*)
*和服の帯はリサイクルになります。
*準備しておりますが、使い慣れた針・布切ばさみがありましたらご持参ください。

2.「菊の節句」にちなんで、小さな菊の花のアレンジメント。菊 の花を和紙で包む、昔ながらの折り方を楽しむワークです。

お気軽にお越しくださいませ。

「重陽の節句」の行事、今年も旧暦に合わせての開催です。
長寿と厄除けを願うシュユノウは、平安期には御簾や柱にかけていたそうで、「端午の節句」で作る薬玉と取り換えるのが習わしでした。(弥生神社では毎年、「端午の節句」には菖蒲や蓬の葉、様々な薬草を使って薬玉を作ります。)

日本古来の風習を実際に手触りや香りを感じながら知ることができます。季節折々の行事をぜひお楽しみください。


弥生神社 【宗教・文化講座】
連続講座「古代エジプト人の精神世界」

第6章「墓を閉じるー空(から)の棺と足のない鳥たちー」

10月26日(土)14:00~16:30

講師:和田浩一郎
(國學院大學兼任講師・エジプト学)

◇レクチャー 80分「古代エジプト人の埋葬について」
◇ワーク 40分  「ヒエログリフの模写&カード作り」
*古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)を模写してカードに仕上げます。
*エジプト土産のパピルスを使います。
*材料・資料代2000円(季節のお茶菓子)
*ご予約不要

初めての方もお気軽にお越ください。


『大祓詞(おおはらえのことば)』書写会

10月27日(日)①10:00~ ②14:00~(90分程度)
*2回とも同じ内容です。

手本に紙を重ねて書写をします。
重ねず見ながら書き写すこともできます。

『大祓詞』の内容を学ぶ会ではありません。
心静かに書いていただくことを目的としています。

内容を学べる資料を配布いたします。

『大祓詞』の字数は膨大です。前半のみ、後半のみ、途中まででも大丈夫です。スタートから終了までお気楽にマイペースで進めていただきます。

*材料・資料代500円(お茶菓子付)。

*筆ペン(書写用サインペン)ご持参ください。


弥生神社【宗教・文化講座】「神道を考える」~令和の大嘗祭~
「大嘗祭は何のために行われるのか」

11月3日(祝)14:00∼16:30 *レクチャー&座談

講師:加瀬 直弥(國學院大學 准教授)
「天皇の即位に伴い大嘗祭が行われます。このまつりはどんな目的で行われるのでしょうか。今は使われない祝いの言葉などから、あまり強調されないまつりの一面を浮き彫りにします。」

ご予約不要
資料代他 1500円(お茶菓子・お土産付)


過去に開催されたワークショップ・講座