>>近日開催のワークショップ・講座をチェックする

ワークショップ・書写会・講座について

弥生神社では、毎月の書写会や季節ごとのワークショップを開催しております。神社に足を運ぶきっかけになればと始めてから4年。その間、たくさんの皆さまと弥生神社とのご縁を結ぶことができました。

ワークショップ・書写会

端午の節句や七夕の節句ワークショップなど、季節ごとの行事では古の人たちが行ってきた風習を学び、追体験しています。手作業を通して、四季折々の植物の手触りや色、香りをも楽しみます。御朱印帳やお守り袋作りのワークショップでは、神道・神社についての知識に触れながら、ふだん神社で受ける授与品、お守りや御朱印帳をご自身の手で心を込めて作ります。毎月行う『大祓詞』書写会では、集中して文字を書く心穏やかな時間を大切にしています。

宗教・文化講座

国や地域、時代を超えて人間の営みである文化や宗教について学び、私たち自身の生死や生活と重ねて考え合う場にしたいと、本年よりスタートしました。現在、連続講座「エジプト人の精神世界」と、「生と死をめぐって―民俗・考古編・1―」を開催しています。レクチャーに続いてカードや勾玉作りなどのワークも行っています。各回のみのご参加でも興味深く楽しめる内容です。今後の展開もお楽しみに。
これからも地域内外からいらっしゃる皆さまの集いの場、楽しみ心安らぐ場になりますよう続けて参ります。ふらりとお気軽にお越くださいませ。

(平成30年11月)

   社務猫

弥生神社「友の会」

入会お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/yayoijinja_tomonokai

弥生神社では、毎月、「大祓詞」の書写会や、季節ごとのワークショップ、宗教・文化講座などさまざまな行事を開催しています。
これまで行事の案内を送ってほしいというご要望をたくさんいただき、このたび「友の会」を作りました。

ご入会いただいた皆さまに毎月のご挨拶とご案内をメールでお送り致します。
当会の入会金、会費は無料です。
どなたでも入会できます。
ご自由に入会・退会できます。
ご入会の際には、ご挨拶にほんのおしるしを郵送でお送りいたします。

今後も皆さまとのご縁を大切に励んで参ろうと思います。

近日開催予定のワークショップ・講座・行事

弥生神社【宗教・文化講座】「グリーフケアをはじめる」第三回(全6回)

「当事者の話を聞く ―遺族会を素材に―」

6月22日(土)14:00~16:00

講師:葛西賢太
上智大学大学院実践宗教学研究科死生学専攻教授
同大グリーフケア研究所所員

◆(各回)参加費:1500円

◆第三回お申し込みフォーム
◇会場→https://ebina-yayoijinja.work/kouza01_kaijo

◇オンライン→https://ebina-yayoijinja.work/kouza01_zoom
*録画配信あり(ご視聴期限1ケ月)

◆第四回め以降の予定→7/13・9/28・10/12(全6回)

グリーフとは、大切なものを失う悲嘆。私たちの人生は、努力してさまざまなものを得ていく前半の過程と、それを手放していかねばならない後半の過程とに分けられます。私たちは、グリーフを味わうべく運命づけられているのです。

避けることのできない悲嘆と、どのようにつきあっていくか。また、悲嘆のなかにある人と、どのように生きることができるか。上智大学グリーフケア研究所の人材養成講座で行っている訓練は二年から四年をかけるものですが、それをチラ見していただく講座です。

悲嘆をめぐる心理学理論と、さまざまな宗教における苦の考え方と、対処の仕方を知的に学びますが、くわえて、ひとつの「構え」を学んでいただきます。それは、自分自身のありようをつねに確認する、という、簡単なようで難しい「構え」です。

この学びを通して、ご自身のグリーフをあらためて体験することがあるかも知れません。それは、ただ失うだけでなく、出会い直すための体験として、この講座を活かして頂ければありがたいです。


精神保健講座1

「依存症とはなにか」

6月23日(日)14:00~16:00

講師:月間秀樹
(千葉県依存症治療拠点機関 船橋北病院 副院長
大正大学講師)

お申し込みフォーム
会場→https://ebina-yayoijinja.work/ws-kaijo-seishin
オンライン(録画配信あり)→https://ebina-yayoijinja.work/ws-zoom-seishin

参加費1500円(学生800円)

依存症とはどういったものか
基本的な知識を得て、
参加者で考え合う講座です


弥生神社 本の日

6月29日(土)14:00~15:00

テーマ「みずみずしい季節に」

テーマにちなんだ紙芝居や、エッセイ・詩の朗読、絵本の読み聞かせ、
ブックトークなどを聴いていただきます。おとなの方も大歓迎です。
お気軽にご参加ください。

無料
お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/ws-honnohi


~弥生神社『大祓詞(おおはらえのことば)』書写会のご案内~

*お申込みフォーム→ https://ebina-yayoijinja.work/syosya2

7月2日(火)
①10:00~ ②14:00~(90分程度)

7月6日(土)
①10:00~ *午前のみ

『大祓詞』を一文字一文字、心静かに書くことを目的としております。
手本に紙を重ねて書写をします。

初めての方もお気軽にご参加ください。

*参加費 500円
*筆ペン(書写用サインペン)ご持参ください。

~ご自宅で書写会~

『大祓詞』の手本・冊子・書写用紙のセットを郵送いたします。初穂料500円(送料別200円)
お申込フォーム→https://ebina-yayoijinja.work/ooharae-yuso


弥生神社【宗教・文化講座】「沖縄の文化と信仰」第一回

「現代の沖縄と慰霊」~沖縄慰霊の日の現代的意義をめぐって~

7月6日(土)14:00~16:00

講師 佐藤壮広
(宗教人類学・山梨大学特任准教授)

◆参加費1500円(学生800円)
◆お申込みフォーム
(会場)→https://ebina-yayoijinja.work/kaijo-okinawa
(オンラインzoom)→https://ebina-yayoijinja.work/zoom-okinawa
*録画配信あり(ご視聴期限一か月)


弥生神社【宗教・文化講座】「神と仏の民俗学」第二回

中世―カミとホトケの迷路へ

7月7日(日) 14:00~16:00

講師:玉井ゆかり (宗教民俗学)

◇お申し込みフォーム
会場⇒https://ebina-yayoijinja.work/kaijo-minzoku
オンライン⇒https://ebina-yayoijinja.work/zoom-minzoku
*録画配信あり

古代の神話というと「古事記」「日本書紀」を思い起こしますが、そこにさらに解釈を加え、古くからの神々に新たな姿をまとわせたのが中世・・・。
新たな神々が感得された中世・・・。
神仏の世界と芸能が融合した中世・・・。
不思議な「縁起」や「神話」が語られはじめた中世・・・。
中世は遠い時代のことではなく、現代の私たちの感性と響き合う「熱量」を持っています。
広大無辺の、中世のカミとホトケの迷路に踏み込んでみませんか。
今回の道案内は摩多羅神と第六天魔王にお願いしてみましょう。

◇参加費 各回1500円 (学生800円)


弥生カフェ(茶話会)

テーマ「どうしよう!?はじめて介護」

7月19日(金)14:00~(90分ほど)

テーマについて、お茶をしながら考え合う会です。
今回のテーマは、「はじめて介護」について。
自由に話し合い、交流する会にしたいと思います。
お話を聞くだけでもかまいません。安心していらしてください。

*介護はまだこれからという方、介護を経験されている方も歓迎いたします。
介護福祉士の方にもお越しいただきます。

◆お申し込みフォーム
https://ebina-yayoijinja.work/cafe_kaijo
*会場のみの開催です。

◆参加費
500円(お茶とお茶菓子つき)


弥生神社【宗教・文化講座】「神道を考える」第8回

大祓詞の成立とその効用―奈良時代以前編―

心が洗われ、気持ちを新たにできる大祓。
しかし、そこで読まれる大祓詞にそのような効用は書かれていない。
大祓に対する古代人の理解から、儀式の実態と認識のずれを解くカギを探る。

7月14日(日) 14:00~16:00

◇お申込みフォーム
会場→https://ebina-yayoijinja.work/kaijo_shinto
オンライン(*録画配信あり)→https://ebina-yayoijinja.work/zoom_shinto

講師: 加瀬 直弥 (國學院大學 教授)

著書 『古代の神社と神職  神をまつる人びと』吉川弘文館

◇参加費 1500円 *学生800円


弥生神社 【宗教・文化講座】

講座「『いのち』という物語」第三回

尊厳とは何か―「いま、ここ」の生と死を「まっとう」していますか―

*オンライン(ZOOM)・会場同時開催 *録画配信あり

7月20日(土)14:00~16:00

◇オンライン 参加申し込み→https://ebina-yayoijinja.work/zoom-inochi
◇会場 参加申し込み→https://ebina-yayoijinja.work/kaijo-inochi

講師:外村江里奈
(東洋大学・早稲田大学 講師)

この講座では、脳死・臓器移植医療や安楽死・尊厳死、緩和ケアを事例として、日常における「いのち」のあり方をあらためて捉えていきます。死とは何か。自分らしく生き逝くとはどのようなことか。これまでとは異なる視点から自身や他者との関係などを見直し、「いま、ここ」の生と死を、生きることができるかもしれません。
死ぬことと生きることを考え、日常にあふれている「いま、ここ」の豊かさを感受してみませんか。

*受講料 会場・オンライン 1500円
*学生800円

◇第4回:9月に開催予定です。


弥生神社

「薔薇と芍薬のリースを作る会」

【会場】
◇お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/bara_ws_kaijo

7月21日(日)
7月22日(月)
10:00~12:00/14:00~16:00

7月27日(土)
午前のみ

*参加費 3500円

【郵送】
◇お申し込みフォーム→https://ebina-yayoijinja.work/bara_ws_yuso

*材料費3500円と送料1000円
(*神社でのお受け取り希望の方はフォームのメッセージ欄にご記入ください)

~お送りする材料~
*作り方レシピ・薔薇と芍薬、その他ドライフラワー・麻紐
・リースの土台

花を麻紐で土台に結び付け、簡単にリースが作れます。(25センチほど)
おひとり分の材料で、リースとともにスワッグを作ることもできます。


【宗教・文化講座】気仙沼より

「海と山のあいだを流れる物語 ─森は海によって再生する―」

7月27日(土)14:00~16:00

講師 千葉一(気仙沼市震災復興市民委員会委員、石巻専修大学講師)

*会場・オンライン(録画配信あり)同時開催
*講師の先生はリモートで講義されます。
会場ではスクリーンにて講義を公開。会場と気仙沼とをつなぎます。

◆お申し込みフォーム  会場→https://ebina-yayoijinja.work/kaijo_kesennuma
オンライン→https://ebina-yayoijinja.work/zoom_kesennuma

*参加費:1500円(学生800円)

多種多様な生物との協働や共生(絡み合い)があって、私たち人間の生活は成り立っています。太古から人々は、そうした自然現象を理性的に観察し、推論を重ね物語を紡ぎながら、その思考や行動やコミュニティをデザインして来ました。経済活動など生産に参加する原材料も自然からの多種多様な「命の贈与」です。贈与には返礼がともないます。しかし私たちは近代という時代の中で、その返礼(による多種の蘇生)を怠り、その命に対して独り横暴な専制主義的生態を取り続けています。本講座では、伝承や神話などから人間社会と自然環境の危うい関係を見つめ直しつつ、「多種類コミュニティ」における人間の生態軌道の変更について共に考えていきたいと思います


過去に開催されたワークショップ・講座