>>近日開催のワークショップ・講座をチェックする

ワークショップ・書写会・講座について

弥生神社では、毎月の書写会や季節ごとのワークショップを開催しております。神社に足を運ぶきっかけになればと始めてから4年。その間、たくさんの皆さまと弥生神社とのご縁を結ぶことができました。

ワークショップ・書写会

端午の節句や七夕の節句ワークショップなど、季節ごとの行事では古の人たちが行ってきた風習を学び、追体験しています。手作業を通して、四季折々の植物の手触りや色、香りをも楽しみます。御朱印帳やお守り袋作りのワークショップでは、神道・神社についての知識に触れながら、ふだん神社で受ける授与品、お守りや御朱印帳をご自身の手で心を込めて作ります。毎月行う『大祓詞』書写会では、集中して文字を書く心穏やかな時間を大切にしています。

宗教・文化講座

国や地域、時代を超えて人間の営みである文化や宗教について学び、私たち自身の生死や生活と重ねて考え合う場にしたいと、本年よりスタートしました。現在、連続講座「エジプト人の精神世界」と、「生と死をめぐって―民俗・考古編・1―」を開催しています。レクチャーに続いてカードや勾玉作りなどのワークも行っています。各回のみのご参加でも興味深く楽しめる内容です。今後の展開もお楽しみに。
これからも地域内外からいらっしゃる皆さまの集いの場、楽しみ心安らぐ場になりますよう続けて参ります。ふらりとお気軽にお越くださいませ。

(平成30年11月)

   社務猫

近日開催予定のワークショップ・講座

スライドトーク「Hodophylax 道を護る者」

ニホンオオカミとその信仰を追った写真集「Hodophylax」をめぐって、写真家 林道子さんの眼差しと世界観、狼信仰の心や人々に伝わる狼の民話に触れるスライドトークです。

talk.1
7月27日(土)
14:00~16:30
木箱に入った2冊組の手製本の写真集。その制作の背景とともに、獣としての“狼”の存在と痕跡を探りにいった奥秩父の自然や人々との出会いなどを、1冊目の写真集をもとにお話しします。

talk.2
9月1日(日)
14:00~16:30
山に暮らす人々の間に伝わってきた狼にまつわる民話や伝承を視覚化するように試みた2冊目の写真集。主に奥多摩で狼と関わりのあった人々の体験談などを通じて、素朴な狼信仰の原初の心について想いを馳せます。

各回1500円 (フォトカード製作のワーク・お茶菓子付)

林 道子 プロフィール
Michiko Hayashi
東京生まれ。東京藝術大学にて日本美術史を学ぶ。企業の宣伝部に勤務。退社後、東京工芸大学芸術学部写真学科の研究生を経て、2001年よりフリーランスの写真家となる。人間と自然の関わりと断絶をテーマに写真プロジェクトに取り組んでいる。
2016年、かねてより取り組んでいたニホンオオカミについてのプロジェクトで Reminders Photography Stronghold の写真集制作ワークショップ「Photobook As Object」に参加。その作品を発展させ、2017年、手製本の写真集「Hodophylax: The Guardian of the Path」を出版。2018年春、同作品にてKYOTOGRAPHIEのインターナショナルポートフォリオレビュー賞”FUJIFILM AWARD”大賞を受賞。写真展「Hodophylax 〜道を護るもの〜」を FUJIFILM SQUARE にて開催。

https://www.hayashimichiko.com

ご案内・1
https://drive.google.com/file/d/1vmKw7HXdAcesgbNv7aI5Mxx_qa8rjJHJ/view?usp=sharing

ご案内・2
https://drive.google.com/file/d/1dSxS7bhlvm7cAfB0bHSdkBjETBT2bjn8/view?usp=sharing

ご案内・3
https://drive.google.com/file/d/1BhO8nUmptnTosa3cMBYhW7sqZn12Grlt/view?usp=sharing


弥生神社 【宗教・文化講座】
連続講座「古代エジプト人の精神世界」

第5章「落ちた星と牛の脚 ―口開きの儀式―」

8月24日(土)14:00~16:30

◇レクチャー 80分「古代エジプト人の埋葬について」
◇ワーク 40分  「ヒエログリフの模写&カード作り」
*古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)を模写してカードに仕上げます。
*エジプト土産のパピルスを使います。
*材料・資料代2000円(季節のお茶菓子)
*ご予約不要

講師:和田浩一郎
(國學院大學兼任講師・エジプト学)
著書『古代エジプトの埋葬習慣』  (ポプラ新書)ほか


レクチャー&ワーク「古代の土の器」

「神社とかわらけ~古代の土器のつくり方~」

8月25日(日)14時~16時30分
*ご予約不要。参加費 1500円

講師 福田健司
著書:「南武蔵の考古学」(六一書房)
「土器編年と集落構造―落川・一の宮遺跡の出自と生業を探る」 (ニューサイエンス社)

レクチャー「神社とかわらけ~古代の土器のつくり方~」
ワーク「土で勾玉を作ろう」

初めての方もお気軽にご参加ください。


ワークショップ「土の器を作ろう」

9月15日(日)
① 10:00~12:00  ①14:00~16:00

―その昔、神事に使われていた土の器を作るワークショップです―
講師 福田 健司
*かわらけ(小皿)を作ります。
*回転台は使いませんが土師器(直径12㎝ほど)に挑戦も可能です。
*焼き上がりは後日になります。
*10月6日以降、取りに来ていただきます。
◎郵送はいたしませんのでご了承ください。

*おひとり2000円(材料・資料代、お茶菓子付)
◎ご予約不要


弥生神社【宗教・文化講座】
連続講座&WS「蚕の世界」第二回

「生糸に触れる ―糸を繰る技―」

9月23日(祝)14:00~16:30
◎ご予約不要

*レクチャー:80分
「生糸のはなし/真綿作り・座繰り器による
糸繰り・紡錘車による糸紡ぎの実演&体験」

*ワーク :60分
生糸を使った小さな行灯作り

講師:上岡和江
*材料・資料代 2000円(お茶菓子付)

過去のワークショップ・行事

※クリックで画像が拡大されます。